どうする日本!

政治家じゃなくても、日本人だから日本の将来を考えます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
よろしければClickお願いします→   ブログランキング・にほんブログ村へ

無関心にはペナルティーを

「参政権は民団への公約」赤松農水相が公言 選挙で支援認める?

 昨年夏の衆院選当時の民主党選挙対策委員長だった赤松広隆農水相は12日、都内のホテルで開かれた在日本大韓民国民団中央本部(民団、鄭進団長)の新年パーティーであいさつし、民団による衆院選での民主党支援に「心から感謝申し上げる」と表明。そのうえで民団の支援は、外国人地方参政権獲得のためで、永住外国人への地方参政権(選挙権)法案の成立は民団への公約だと強調した。民主党幹部が、参政権を条件に民団から組織的な選挙支援を受けたことを認めたのは初めて。

 赤松氏は「鄭進団長をはじめ民団の皆さまには昨年、特にお世話になった。投票はしてもらえないが全国各地でいろんな形でご支援いただき、308議席、政権交代につながった」と語った。

 さらに「民主党中心の政権で地方参政権問題が解決するとの思いで応援してくれたと思う。その意味で公約を守るのは当たり前だ。本当にあと一歩。感激でいっぱいだ」と参政権法案の通常国会成立を約束した。

 民主党は意見集約が難航し、日本の有権者向けの衆院選マニフェスト(政権公約)に、外国人参政権付与を盛りこんではいない。

MSN産経ニュース 2010.01.13 01:23

 こういうことを書くと、どうも勘違いするバカがいて困る訳です。

 差別だとか意味不明の反論が、コメ欄ならぬメールで来てしまうのですが、とどのつまり、公で議論すら出来ない頭脳の持ち主と断言します。
 ブログで私の考え方を表明している訳ですから、このブログででも、ご自身のブログからでも堂々と反論すれば良いものを、メールというある意味、隔絶した中で批判・反論して来て何になるのでしょうね?
 以前に触れてしまった自称記者のような、偏狭な実名依存者(笑)も居るので、呆れるしかないといったところですが…最近は割り切って、「明らかな脅し」と理解することにしてます。チャイニーズのように、電話を探り当てて脅迫してくる方が、まだ清々しいと感じる訳です。はい。

 たとえ匿名でも、開かれた場所で堂々と議論してみては如何なものか?

 この問題は、民族差別とかの類では無く、純然とした日本人の主権の問題だということを第1に理解すべきでしょう。その上で、異論でも反論でもしていただこうかw

 さて、引用した「国賊」「売国奴」と批難されても当然の行いをしていたことは、衆院選の前後に、当ブログで警鐘を鳴らしてきた訳です。
 が、こういう輩を政権担当にしたのは、言うまでもない有権者。もっと言おう。無関心で、無責任なあなた方、有権者です。
 民主党ごときに投票したあなたたちは、今すぐに日本国籍を返上し、永住許可に切り替えるのが相応しい。

 自分の国に無関心、波風も立てずに綺麗事や事無かれ主義、あるいは馬鹿を通り越したお人好し、脳内お花畑の平和主義もいい加減にして頂きたいのです。

 いいですか。

 選挙権や永住権は、日本国民にのみ与えられた固有の権利です。
 外国人に与えられているのは権利ではなく、永住する許可なんですよ。

 日本への帰属意識のない者に、権利はないんです。
 日本人とは立場が違うんだ。日本国の領土では、もっと身分を弁えろということ。
 そして、権利も無いものに媚び諂う国賊に議席を与えた有権者は、もっと自分の投じる1票に責任感を持て!

 そういうことです。

スポンサーサイト

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

よろしければClickお願いします→   ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

東京都神社庁 外国人参政権反対

中国をはじめとする特亜3国が武力行使をすることなく、日本解体(日本侵略)が容易に可能となる売国法案、「外国人地方参政権付与法案」に関して、いよいよ東京都神社庁が動き出した。

【必ず】中国は日本を併合する!【要拡散】

昨夜、「中国は日本を併合する」という本を読み終えた。(2006年3月出版)
 

Appeal


チベットの人達のために署名を!
China Free Campaign

ボイコット チャレンジ25キャンペーン

ランキングに参加しています
ブログランキング・にほんブログ村へ  
↑Clickお願いします↑
☆皆さんのご声援に感謝☆
 

Archives

 

ブログ内検索

 

リンク

 

あわせて読みたいブログパーツ

 

 

プロフィール

なんだよ日本

  • Author:なんだよ日本
  • 言いたい放題、言わせて頂きます。
    あなたのご意見お聞かせ下さい。
    コメント、トラックバックお待ちしています。
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。