どうする日本!

政治家じゃなくても、日本人だから日本の将来を考えます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
よろしければClickお願いします→   ブログランキング・にほんブログ村へ

「地上の楽園」帰国事業から半世紀

「地上の楽園」は地獄だった…帰国事業から半世紀

 「地上の楽園」。在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)が北朝鮮をそう宣伝し、日本人妻を含む在日朝鮮・韓国人約9万3000人が船で玄界灘を渡った「帰国事業」から、14日で50年を迎える。帰国者の大半を待ち受けていたのは「楽園」ではなく、「地獄と差別」(脱北者)だったという。この間、朝鮮総連の責任を追及する訴訟も起きている。いまもなお暗い影を落とす帰国事業。半世紀を経た姿を追った。
(久保田るり子、中村昌史)

■現実を伝えたい

  「このままでは笑うのは金正日(総書記)と総連。最高裁まで頑張ります」と話すのは、昨年、朝鮮総連の責任を問う損害賠償請求訴訟を起こした元帰国者の高政美さん(49)だ。

  高さん側は1審・大阪地裁で、帰国で苦痛を受けたのは実情を隠した朝鮮総連の責任と主張したが、判決は損害賠償権は20年で消滅するとの「除斥期間」を適用、訴えを退けた。

  高さんの両親は、朝鮮総連のいう「学校も医療もただ」との宣伝を信じて昭和38年、帰国船に乗った。高さんは3歳だった。
  北朝鮮・清津港に着くなり現実に気づいて下船を拒否した兄はとらえられて拷問を受け、精神を病んで死亡。父も政治犯収容所に収監された。高さん自身は大量飢餓時代におびただしい死体の処理を強制され、平成12年に中国へ脱出。4年前に日本帰国を果たした。北朝鮮には家族がいる。悩んだ末の訴訟だった。高さんは「私の時代に何があったのか伝えたい。目をつぶることはできない。両親が『ごめんなさい』と言い続けたのが忘れられないから」と話す。
  支援者らは集団訴訟に持ち込み、朝鮮総連の責任と北朝鮮の「真実」を問う構えだが、生活に追われる元帰国者らをまとめきれないのが実情だ。

■思惑が一致した

  昭和34年当時、日本共産党で新潟市古町支部の細胞キャップ(支部長)として帰国事業を推進、その後、反北朝鮮に転向して日本人拉致被害者救出運動を主導した佐藤勝巳・現代コリア所長(80)は、帰国船の第1陣出航前夜の新潟の様子を鮮明に覚えている。

  「革命前夜のようだった。右翼と民団(在日本大韓民国民団)が街宣車を動員、総連と対(たい)峙(じ)した。帰国者が北朝鮮に持ち出したカネは4万円。残りは総連にカンパさせられた。いまの総連本部(東京都千代田区)は帰国者の血と汗の結晶だ」

  家族を人質に出した在日社会は「愛国事業」の名の下に本国への送金マシンの機能を果たした。帰国事業は朝鮮総連の土台を作ったともいえる。

  日本政府も事業に全面的に協力した。日本は在日の高い犯罪率や増加する在日の生活保護者への経済負担を軽減したかった。政界で帰国運動を推進した帰国協力会の会長は故鳩山一郎元首相。一方の北朝鮮側は政治宣伝と同時に朝鮮戦争(1950~53年)で失った労働力の確保が急務だった。在日は日本社会の差別から抜け出したかった。

 小此木政夫・慶応大教授は「日本、北朝鮮、在日社会や総連、それぞれの思惑が一致した。結果として総連の組織は強化され、70年代からは日本を舞台とした南北の政治闘争が激化することにつながった。将来、日朝国交正常化すれば帰国者の地位確定を行う必要が出てくる」と指摘する。

  日本政府は現在、元帰国者を日本に受け入れ定住外国人として処遇しているが、「半数以上が健康を害すなど北朝鮮生活の後遺症を抱えている」(支援者)。日本人妻を含む帰国者家族は北朝鮮内に約30万人以上とされる。北朝鮮を脱出し日本に逃れてきた元帰国者は170人を超える。

 帰還事業開始から丸50年を迎える14日、北朝鮮で亡くなった在日朝鮮人や日本人妻の追悼集会が新潟港で行われる。主催は脱北した帰還者の日本定住を支援する「移民政策研究所」。坂中英徳代表は「50年の節目は日本人妻救出への機運を高めるチャンス」と語る。  法務省によると、渡航した日本人妻は1831人。坂中氏は「生存者は推定で100人前後。人質外交が常道の北朝鮮にとって日本人妻問題は切り札の一つ。必ず交渉に乗ってくるはずだ」と分析する。  数年前に脱北した70代の女性は「在日コリアンの立場から客観的に見ても日本人妻は悲惨。何とか祖国に帰してあげたい。日本人妻は、真冬に零下40度にもなる北朝鮮北部の炭坑や鉱山などに追いやられた。粗末な食事や最悪の医療水準で、どんどん倒れていった」と振り返る。過酷な労働にかり出され、思想統制の集会でも「日本人が朝鮮にどれだけ悪いことをしたか」と集中攻撃されていたという。  自殺する人も多かったが、北朝鮮で自殺者は逆賊。葬式は許されず、家族はさらに山奥へ追放された。女性と親しかった日本人妻は「ここで死ぬのだけは嫌だ。里帰りできれば、墓参りをしてその場で死にたい」と話したという。この日本人妻は脱北を試みて失敗。安否は不明だ。  坂中氏は「帰還事業と日本人妻の現実に光をあてたい。50年前、歓喜に沸いた新潟港で追悼する意味を感じてほしい」と語る。

 北朝鮮を脱出し日本に戻ってきた日本人妻らを支援する「移民政策研究所」の坂中英徳代表は11日、内閣府に中井洽拉致問題担当相を訪ね、日本人妻の早期帰国を政府として北朝鮮との間の外交問題にするよう要請した。

  坂中氏は、鳩山由紀夫首相あての要請文の中で、「世界は北朝鮮の日本人拉致を指弾している。北朝鮮が50年間も日本人妻の出国を阻んできたことについても国際社会は非難を浴びせるに違いない」と指摘。日本人妻の帰国について「緊急を要する邦人保護問題」としている。

 坂中氏は元法務省東京入国管理局長。

 

スポンサーサイト

テーマ : ウザイから滅んで下さい、売国奴&厨狂&南北チョン&罪にち - ジャンル : 政治・経済

よろしければClickお願いします→   ブログランキング・にほんブログ村へ
 

Appeal


チベットの人達のために署名を!
China Free Campaign

ボイコット チャレンジ25キャンペーン

ランキングに参加しています
ブログランキング・にほんブログ村へ  
↑Clickお願いします↑
☆皆さんのご声援に感謝☆
 

Archives

 

ブログ内検索

 

リンク

 

あわせて読みたいブログパーツ

 

 

プロフィール

なんだよ日本

  • Author:なんだよ日本
  • 言いたい放題、言わせて頂きます。
    あなたのご意見お聞かせ下さい。
    コメント、トラックバックお待ちしています。
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。