どうする日本!

政治家じゃなくても、日本人だから日本の将来を考えます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
よろしければClickお願いします→   ブログランキング・にほんブログ村へ

A級戦犯の分祀か参拝中止を

A級戦犯の分祀か参拝中止を…中曽根元首相が講演

 中曽根元首相と韓国の金鍾泌(キム・ジョンピル)元首相は3日、都内で開かれた読売国際経済懇話会(YIES)で、日韓国交正常化40周年を記念して講演した。

 中曽根氏は、小泉首相の靖国神社参拝について「A級戦犯の分祀(ぶんし)が現実的な解決方法だろう」と述べた。その上で「分祀に時間がかかるなら、参拝をやめるという決断も一つの立派な決断だ」と指摘した。
 また、「個人の信念以外に、国家的にどういう影響を持つか考えなければならない」として、日中、日韓関係への大局的判断が必要との認識を示した。
 これに関連し、金氏は「(小泉首相は)参拝をやめるか、(A級戦犯を)分祀するか、決断すべき状況が熟した」と指摘した。

 日本の竹島について、金氏は「独島(竹島の韓国名)の韓国領有ははっきりしている。今のままでいくのが次善の策ではないか」と述べ、中曽根氏も「政治家は(この問題に)あまり触れないのが賢明な政治的解決だ」と語った。
<以下省略>
(読売新聞)

 中共の不当な圧力に屈した張本人様が何を言っているのやら。はじめに毅然と反論できなかったから、今があるという事。責任の欠片も感じておられぬ様子・・・

 政治問題から、戦犯と呼ばれる方の分祀は論じるべきものではない。と、このブログで何度も言ってる通り。
 追悼という観点から見て、一国の首相が、それを行わないという異常な事態を推奨するというのも、どういう感覚なのか。

 他国が、日本国の追悼方法をあれこれ指図する。外交上、普通はあり得ない干渉であり、こんな横柄な要求を平気でする国と、どうまともに付き合い、これ以上の悪影響があるというのか?
 中共が靖国参拝を問題とした時点で、良好な関係は破錠しているのだ。
 日本としては、断固として拒否するのは当然で、それが正常な主権国家だろう。

 竹島問題についても、結局は、「臭いものには蓋」で話を片付ける。今はもうそんなことを、国民の多くは望んでいない。いや、嫌っているのだ。
スポンサーサイト
よろしければClickお願いします→   ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

中曽根の妄言に追従する読売社説

今朝の読売新聞社説は社説欄全面使って靖国参拝問題を扱っていたが、これまでの社説で一番最低なものだった。長くなるが以下全文転載する。****[靖国参拝問題]「国立追悼施設の建立を急げ」 小泉首相は、いったいこれまで、どのような歴史認識、歴史観に基づいて靖国
 

Appeal


チベットの人達のために署名を!
China Free Campaign

ボイコット チャレンジ25キャンペーン

ランキングに参加しています
ブログランキング・にほんブログ村へ  
↑Clickお願いします↑
☆皆さんのご声援に感謝☆
 

Archives

 

ブログ内検索

 

リンク

 

あわせて読みたいブログパーツ

 

 

プロフィール

なんだよ日本

  • Author:なんだよ日本
  • 言いたい放題、言わせて頂きます。
    あなたのご意見お聞かせ下さい。
    コメント、トラックバックお待ちしています。
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。