どうする日本!

政治家じゃなくても、日本人だから日本の将来を考えます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
よろしければClickお願いします→   ブログランキング・にほんブログ村へ

不審な民主党 - 8 (拭えない曖昧政党)

 まずは、先日投稿した不審な民主党 - 6 (マニフェストの偽装)で、民主党政策INDEXというものを紹介しましたが、ちょっと興味深い記事(2009/8/17付)を発見したので抜粋させていただきます。

仲介手数料両手禁止について直接聞いてみました

政策INDEXとは本来党内で共有するような性質のもので、公約的な確約のものではなく、事項によっては党内で意見が割れているものも含まれていて、あくまで大筋の方向性でしかないとのこと。

いままで野党だったので、特定の有識者を招いての勉強会でしか開催しておらず、業界全体の意見が反映されているとは言いがたい、したがって、政権獲得の暁にはまた改めて検討するとのこと。

株価も下がりましたし、業界の反発も強いのでは?
ある種の恣意的なビジネス誘導が入っているのでは?
との問いには、真摯に受け止めていきたい、今回は期間が長く、マニフェストを出す前に代替として政策INDEXがマスコミの取り上げられてしまったが、あくまで本筋はマニフェストとのこと。

「勉強会レベル」ということを言われておりましたので、そんなんで方向性として発表するのはいかがなものかと思いましたが、「いままで野党だったもので」ということで、今度の選挙で勝って産業全体の話になってくると、「勉強会レベル」では話は決められなくなってくるでしょう。

鳥海社長のブログ“Toriumi@Blog”から抜粋

 政策INDEXとは、「民主党の政策議論の到達点を2009年7月17日現在でまとめたもの」ではなかったようです。(笑)
 民主党は、かなり言い訳がましく「野党である」ことを強調していますが、それで、政権担当して国政を国民から預かれるんですかねぇ。
 「マニフェストを出す前に代替として政策INDEXがマスコミの取り上げられてしまった」と、また十八番の責任転嫁をしていますが、公式サイトに掲載しておいてそれはないだろう。(爆)

 鳥海社長自ら電話で問い合わせされたようで、わざわざBlogに記事として起されていること、ビジネスに直結した問題点を追及していることから、抜粋内容は事実でしょう。
 とすると、新聞、雑誌紙面でも批判をされている都議会議員土屋氏の言い分というのが、単に党内右派の戯言として片づけることもできないでしょう。
 むしろ、代議士として怒るのは当然ではないだろうか。自分が所属する党が、こんな有様では嫌になるでしょう。

スポンサーサイト

テーマ : 衆議院選挙 - ジャンル : 政治・経済

よろしければClickお願いします→   ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Appeal


チベットの人達のために署名を!
China Free Campaign

ボイコット チャレンジ25キャンペーン

ランキングに参加しています
ブログランキング・にほんブログ村へ  
↑Clickお願いします↑
☆皆さんのご声援に感謝☆
 

Archives

 

ブログ内検索

 

リンク

 

あわせて読みたいブログパーツ

 

 

プロフィール

なんだよ日本

  • Author:なんだよ日本
  • 言いたい放題、言わせて頂きます。
    あなたのご意見お聞かせ下さい。
    コメント、トラックバックお待ちしています。
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。