どうする日本!

政治家じゃなくても、日本人だから日本の将来を考えます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
よろしければClickお願いします→   ブログランキング・にほんブログ村へ

自ら晒すその正体

「光栄です。うれしいです」創価学会の池田大作名誉会長が熱烈歓迎

 来日中の胡錦濤国家主席は8日、東京都千代田区のホテルニューオータニで創価学会の池田大作名誉会長と会談した。

 池田氏は「光栄です。うれしいです。ありがとうございます」と言いながら胡主席らと握手した。胡主席は日本語で「ようこそいらっしゃいました」と応じた。また、会談に入る前、池田氏は「世界の平和のために誠にありがとう。(胡)閣下の栄光をたたえて真心をこめて詩を作らせていただいた」と述べながら、自作の漢詩を贈呈した。

 これに対し、胡主席は「このような情熱にあふれた、懐深い漢詩をつくっていただき、心より感謝申し上げる」と述べた。また胡主席は池田氏の訪中を招請した。池田氏は昭和49年6月から平成9年の上海大学訪問まで10回訪中しているが、平成12年を最後に、海外渡航はしていない。

以下略

MSN産経ニュース 2008.5.8 19:21

 エントリーのタイトル通り、創価学会の正体を晒した会談である。独裁者同士のあまりに馬鹿らしい、陳腐な時代錯誤のやりとりが記事中にあったが、その全てや抜粋もまともにする気にならない。(笑)

 引用記事だけでおわかりの通りで、創価学会なるものが宗教法人として無価値、いや、それですらないことを自ら認めたようなもの。
 政治活動がしたいのなら、自ら宗教法人の肩書を捨てることだ。創価帝国の異様さは、日本人の多くが感じ、海外ですらカルト認定すらされている。

 日本人は、そろそろ、この異常な事態にも声を上げる時が来ているのではないだろうか。

スポンサーサイト

テーマ : 創価学会・公明党 - ジャンル : 政治・経済

タグ : 胡錦濤来日 創価 池田大作 宗教 カルト

よろしければClickお願いします→   ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Appeal


チベットの人達のために署名を!
China Free Campaign

ボイコット チャレンジ25キャンペーン

ランキングに参加しています
ブログランキング・にほんブログ村へ  
↑Clickお願いします↑
☆皆さんのご声援に感謝☆
 

Archives

 

ブログ内検索

 

リンク

 

あわせて読みたいブログパーツ

 

 

プロフィール

なんだよ日本

  • Author:なんだよ日本
  • 言いたい放題、言わせて頂きます。
    あなたのご意見お聞かせ下さい。
    コメント、トラックバックお待ちしています。
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。