どうする日本!

政治家じゃなくても、日本人だから日本の将来を考えます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
よろしければClickお願いします→   ブログランキング・にほんブログ村へ

極めて危険な状況の日本

 当たり前と思っている方もいらっしゃるだろうが、理解していない方が圧倒的に多いのではないだろうか。
 唐突な書き出しで申し訳ないが、日本は今、極めて重大な犯罪の渦中にあると自覚して欲しい。忌々しき事態。これは、大げさでもなく、厳然とした問題なのだと強調したい。
 そして私は、単に乱闘騒ぎを想像し喧嘩両成敗と言ったが、それよりも、暴行事件が多発していたことに驚いており、たった今、訂正記事として新たな考えを表明している。

 今日あたりのメディアの動きとしては大きく変化はないが、そんな中で、長野警察の対応が問題視され始めたようで、現場を見た者としても、様々な情報を収集していると、「ようやく」と云う感を覚える。
 ネットでは、既に問題視されているし、当ブログでも或る記事では疑問を投げかけて来たつもりだ。
 日本人が、実際に暴行被害にあっている訳だが、ほぼ放置に近い対応をとる長野県警が、あちこちで表面化している。

 ある評論家は、上層部からの通達で、チャイニーズは取り締まらないことになっていたのだと暴露(?)したようだ。
 ネット上には、長野で何が起こっていたのかを、マスコミが絶対に伝えようとしなかった事実が溢れている。そして、私自身も現場の空気を肌で感じて来た。
 それらを総合して考えると、現場の対応は、現場の各警官の判断とは断じて言い難いものだ。合理的に考えれば、ほぼ間違いなく、指揮、統制された対応なのである。

 では、誰が指示したのか。県警本部長だろうか。だとしたら、それはそれで問題だが、これはおそらく違うだろう。
 当日レポートでもお伝えしたが、ある思想団体は市内流入を阻止され、その団体と対立するであろうもう一方は素通り出来た。
 これは、はっきり言えば、バスを何台もチャーターして乗り込んで来た、暴徒化が容易に想像できたチャイニーズが優遇されていた訳で、それだけでも特定思想を公権力が優遇したということ。
 また、チベットを支援する日本人有志との隔離の不公正さからも明らかだ。そして、暴行事件への対応である。

 こんなことは、県警本部長の独断で実行して問題にならない筈が無い。更に、警察庁長官の発言で「大成功だった」と言わしめた訳で、警察全体、あるいは他省庁の指示、命令が容易に想像できる。

 これは国家犯罪だと言えよう。だから、韓国政府のような対応が一切取れる筈が無い。日本政府は、中共政府、人民による犯罪の加担者なのだ。
 もし、違うと云うのであれば、長野県警、日本政府は、あの赤旗の暴徒たちに今すぐ徹底的な逮捕、処遇を取って欲しい。

 グズグズするな!

 警察の信頼は、どんどんと失墜して行っているのだから。

 

 余談 : 人権擁護法案が可決された未来を垣間見た気がする。

スポンサーサイト

テーマ : オリンピックとチベット問題 - ジャンル : ニュース

タグ : 聖火リレー 長野 長野県警 政府 中国

よろしければClickお願いします→   ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

胡錦濤訪日に抗議する集会!

中共に抗議するデモ等が近日行われますので、情報を掲載します。ご都合の宜しい方は是非ご参加下さい。 ■5・5日台共闘「侵略者・胡錦濤...
 

Appeal


チベットの人達のために署名を!
China Free Campaign

ボイコット チャレンジ25キャンペーン

ランキングに参加しています
ブログランキング・にほんブログ村へ  
↑Clickお願いします↑
☆皆さんのご声援に感謝☆
 

Archives

 

ブログ内検索

 

リンク

 

あわせて読みたいブログパーツ

 

 

プロフィール

なんだよ日本

  • Author:なんだよ日本
  • 言いたい放題、言わせて頂きます。
    あなたのご意見お聞かせ下さい。
    コメント、トラックバックお待ちしています。
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。