どうする日本!

政治家じゃなくても、日本人だから日本の将来を考えます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
よろしければClickお願いします→   ブログランキング・にほんブログ村へ

長野プチレポート2

 善光寺近辺以外は、全く情報が無かったので、ニュースサイトをざっと見てきました。
 予想以上の有様ですね。リレーの沿道は、全て流された血の色のに染まっているじゃないですか!
 そんな記事の中で、心打たれた記事があったので保存しておきます。

「フリーチベット」の叫び届かず亡命2世 泣きながら乱入

 ハプニングは突然起きた。JR長野駅や善光寺周辺と比べて、比較的観客の数が少ないコース中ごろの沿道。「フリーチベット!」。チベットの旗を握りしめた男がロープをまたいで車道へ飛び出し、聖火ランナーの列に飛び込んだ。警官隊に取り押さえられ、地面に顔を押さえつけられながらも、「フリーチベット」の泣き叫ぶような声は消えない。

 男は、台湾に住む亡命チベット人2世の古物商、タシィ・ツゥリンさん(38)。「私はオリンピックに反対しているわけではない。ただ、チベットの惨状を全世界に訴える絶好の機会だと思っている」。この日朝、沿道の別の場所でチベットの旗を広げていたタシィさんは記者にそう話していた。

 穏健にチベット問題を訴える人たちもいた。市民団体「SFT日本」の代表を務める亡命チベット人2世、ツェリン・ドルジェさん(34)=名古屋市=らも長野入りし、「チベットに自由を チベットに人権を」と書かれた横断幕を握りしめた。

 「私たちは聖火リレーを妨害するつもりはない。ただ、中国政府にオリンピック精神に立ち返ってほしいだけ。自分の思うこと、感じること、自由に発言できる社会にしたいだけだ」

 SFTでは事前に、抗議をする場所や抗議方法について、長野県と協議を重ねていたが、ツェリンさんらの周りには、「ワン・チャイナ」と連呼し、中国国旗を翻す大勢の中国人たちが詰めかけ、その声はほとんどかき消された。

MSN産経ニュース 2008.4.26 13:39

 あのさ、どう考えてもおかしいよ。
 前記事でも書いたが、長野県警はなぜ、街宣右翼は道路封鎖してしてまで市内入りを阻止ししたのに、我が物顔のチャイニーズは何も無しなんだ?
 車道に平気ではみ出してるは、中国旗を集団で振りかざすは、歩道を通れなくするは…。

 街宣車なんてのは、スピーカーで騒いでるだけなのに、チャイニーズは記事のように、実力行使でTibetanの抗議を妨害しているではないか。
 善光寺へ上がるだけでも、日本なのかと思ったくらいだからな。思い余った行動に出ても、相当に同情されて然るべき。

 彼らは、長野県警の対応の犠牲者だと、敢えて言わせてもらう。

 いったいどこの国の警察なのだろう。言論の自由が保障された国の警察とはとても思えない。
 長野県警、日本警察は市民を守る気が無いようだ。
 三度、この国には失望した。

 紅に染まった異様な光景は、日本の未来なのではないだろうか。

 あと一つ言えるのは、聖火リレーを歓迎していたのは、殆ど中国人だけだ。あ、あと、祭に仕上げたマスコミもだな。
 こんな価値のないもの自画自賛する中国は馬鹿だ。

スポンサーサイト

テーマ : オリンピックとチベット問題 - ジャンル : ニュース

タグ : 北京五輪 聖火リレー チベット 長野 長野県警

よろしければClickお願いします→   ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Appeal


チベットの人達のために署名を!
China Free Campaign

ボイコット チャレンジ25キャンペーン

ランキングに参加しています
ブログランキング・にほんブログ村へ  
↑Clickお願いします↑
☆皆さんのご声援に感謝☆
 

Archives

 

ブログ内検索

 

リンク

 

あわせて読みたいブログパーツ

 

 

プロフィール

なんだよ日本

  • Author:なんだよ日本
  • 言いたい放題、言わせて頂きます。
    あなたのご意見お聞かせ下さい。
    コメント、トラックバックお待ちしています。
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。