どうする日本!

政治家じゃなくても、日本人だから日本の将来を考えます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
よろしければClickお願いします→   ブログランキング・にほんブログ村へ

やっぱり長野だな - トーチリレーは聖火?!

 ま、ソースがソースだけに、こういう論調になるのだろうが、所詮は他人事で済まそうと云うのか。
 五輪を開催した地の市民も、甚だ輝きを鈍らせてしまったようです。

過剰規制、有名人ランナー公表10人のみ

 長野市で26日行われる聖火リレーで、聖火リレー市実行委員会や警察当局による「過剰規制」が目立っている。市実行委は23日午後に発表を予定する有名人ランナー約40人の走行区間について、同意を得た約10人しか公表しない方針。

 市実行委は当初、聖火ランナー80人全員の走行区間を公表する方針だった。しかし、世界各地でリレー妨害が相次ぐため、直前に本人の同意が得られた有名人に限定することにした。市実行委は「理由は明らかにできない」と話す。

 ピリピリムードに、当初は歓迎一色だった地元住民からは「早く終わってほしい」とのぼやきも。市中心部の6商店会(約400店)は「混乱を避ける」ため鉢やプランターの撤去を始めた。文書で要請した東後町商盛会の工藤忠利会長(63)は「10年ぶりに長野市を全国発信できるチャンスだったが、この雰囲気では自粛するしかない」と肩を落とす。98年長野五輪実行委メンバーだった男性(74)は「当時のように盛り上がらない。淡々と安全に遂行するだけだ」と恨めしそうに語った。

抜粋 : 毎日新聞 2008年4月23日 15時00分

 一部の市民からは、「聖火護送」だという声も上がり始めているとか。

 何でも良いのだが、今回のトーチリレーを賛美しようとするから落胆になる訳で、挙句には、抗議団体を迷惑な存在と捉える方が異様なのではないか。この辺が長野市民の世間から乖離した感覚と言えるかもしれない。
 散々言っているのだが、混乱の根源は中共政府にあるのだという、肝心なことが頭に入っていないようだ。
 寧ろ、聖火(?)リレーを利用して、長野市自体が抗議団体と化せば、長野五輪の時のように、世界に向け再び輝きを放つ筈だ。
 事実、善光寺さんの辞退では、善光寺さんの人権意識が、あっという間に世界中に伝わったではないか。
 北京五輪を盛り上げる必要も、北京五輪のトーチリレーを盛り上げる必要も無いのだ。今後の五輪を尊ぼうというのであれば、中共政府に「ノー」とアピールするべきだ。

 長野市民のみなさん、早く目覚めよ!

スポンサーサイト

テーマ : オリンピックとチベット問題 - ジャンル : ニュース

タグ : 北京五輪 聖火リレー 長野 混乱 聖火護送 聖火ランナー

よろしければClickお願いします→   ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント

No title

いっそ空き地をぐるぐる回れば?

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Appeal


チベットの人達のために署名を!
China Free Campaign

ボイコット チャレンジ25キャンペーン

ランキングに参加しています
ブログランキング・にほんブログ村へ  
↑Clickお願いします↑
☆皆さんのご声援に感謝☆
 

Archives

 

ブログ内検索

 

リンク

 

あわせて読みたいブログパーツ

 

 

プロフィール

なんだよ日本

  • Author:なんだよ日本
  • 言いたい放題、言わせて頂きます。
    あなたのご意見お聞かせ下さい。
    コメント、トラックバックお待ちしています。
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。