どうする日本!

政治家じゃなくても、日本人だから日本の将来を考えます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
よろしければClickお願いします→   ブログランキング・にほんブログ村へ

光市母子殺害で被告に死刑判決

 これだけ世間の注目を集めた裁判は稀だ。その理由は、1・2審での被告の人権ばかりを重視した判決と、今裁判の弁護方針に問題在りと受け止められた事に他ならない。
 何より、最高裁の差し戻し理由で死刑が決っていたようなものだが、素人目にも弁護の出鱈目さが際立った。その内容は、ここで細かく語るまでもなく、1・2審で明らかになった事実を180度覆したトンデモない内容だった。
 唯一、情状酌量の余地とされた被告の「反省と更生の機会」をも摘み取った弁護は、被告人の罪状以上に身勝手な犯罪とすら感じる。

 この差し戻し審で弁護側が与えたものは、被害者と被害者遺族への更なる苦痛と、被告人の人間としての更生の機会を奪ったことだ。
 これが全てではないだろうか。社会にとっては、まるで不必要なものだ。

 私は、多くの方が思っているであろうと同じく、この弁護団については、徹底的に、社会的に断罪されるべきだと今も考えている。
 しかし、彼の懲戒請求騒動の通り、弁護士会の対応を見ればおわかりだろうが自浄する様子もなく、平然と今後も弁護士を続けるのだろう。

 裁判は一応、決着した訳だが、こうした弁護士資格、制度の問題は残ったままである。再び最高裁で審理されることになるのだろうが、これを、これからどこまで追求し、解決していくのか。メディアも誰も示さないのではないだろうか…。

 また、よく「死者には人権が無い」「犯罪者にも人権はある」と言われるが、それは社会に対する甘えでしかない。こうした甘えた考えで、量刑をめぐる議論に口を挟むのは間違いだ。
 「厳罰化」が最近の社会の風潮でもあるが、今回の判決は「死刑基準」を明示したものとして、重要なメッセージと言えそうだ。

スポンサーサイト

テーマ : 刑事事件・裁判関連ニュース - ジャンル : ニュース

タグ : 裁判 光市 母子殺害 死刑 判決 弁護士 弁護団

よろしければClickお願いします→   ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

◆限りなき夜に生まれつく [光市母子殺害事件裁判]

胸を張って刑を受け入れて欲しい。これまでの供述を翻したのが一番悔しい。もしうその供述をしたのであれば言ってほしい。 ―山口県光市母子殺害事件の遺族、本村洋さん。広島高裁であった同事件の差し戻し控訴審の死刑判決を受けて、被告である元少年に対して ...
 

Appeal


チベットの人達のために署名を!
China Free Campaign

ボイコット チャレンジ25キャンペーン

ランキングに参加しています
ブログランキング・にほんブログ村へ  
↑Clickお願いします↑
☆皆さんのご声援に感謝☆
 

Archives

 

ブログ内検索

 

リンク

 

あわせて読みたいブログパーツ

 

 

プロフィール

なんだよ日本

  • Author:なんだよ日本
  • 言いたい放題、言わせて頂きます。
    あなたのご意見お聞かせ下さい。
    コメント、トラックバックお待ちしています。
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。