どうする日本!

政治家じゃなくても、日本人だから日本の将来を考えます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
よろしければClickお願いします→   ブログランキング・にほんブログ村へ

中国軍事費、公表の3倍10兆円

米国防総省年次報告 中国軍事費、公表の3倍10兆円 無視できぬ拡張

 【ワシントン=有元隆志】米国防総省は十九日、中国の軍事力に関する年次報告書を発表。この中で、中国軍の近代化が周辺地域の軍事バランスを危険にさらし始めていると警告するとともに、軍拡がこのまま進めば、長期的には確実に中国は地域の脅威になるとの見通しを示した。また、中国の実際の軍事費は公表額を大幅に上回っており、二〇〇五年に最大九百億ドル(約十兆円)に達しているとした。

 報告書によると、中国軍は台湾の対岸に六百五十-七百三十基の短距離ミサイルを配備。配備は年百基の割合で進んでおり、射程が延び、精度も向上しているという。このため、報告書は台湾海峡をはさむ中台軍事バランスが中国寄りに傾きつつあると分析している。
 さらに、五十五隻の攻撃型潜水艦や二隻のロシア製ソブレメンヌイ級駆逐艦を配備していることなどを列挙、「新兵器システムの導入によって著しく改良した」とし、中国が制空権、制海権の確保に力を入れていることに対し警戒感を示した。

  一方、急激な経済成長に伴いエネルギーの海外依存を強めていることが、中国の戦略に影響を与えていると指摘。エネルギー確保への懸念がロシアや中央アジア、スーダンやアンゴラ、ベネズエラとの関係を深める要因になっていると分析している。

  また、軍事費について、中国政府が三月に公表した約三百億ドル(約三兆三千六百億円)には、ロシアなどからの兵器購入や軍事関連技術の研究費などが含まれていないと指摘。実際には公表額の二-三倍で二〇〇五年は最大で九百億ドルと、米国、ロシアに次ぐ世界第三位であるとしている。

 このため、フランスなど欧州連合(EU)が行っている対中武器輸出禁止措置はこのまま継続すべきだとしている。

 また報告書は、中国の将来について経済発展、景気下降、騒乱、領土紛争などの可能性を想定。
 資源をめぐる紛争の発生や、中国指導部が武力行使に訴える可能性にも言及し、中国が「戦略的分岐点」にさしかかっているとの見方を示した。

■日米同盟の強化不可欠

 十九日発表された米国防総省の年次報告書は、アジア太平洋地域での中国の軍事のみならず、経済面も含めた“拡張主義”に、警鐘を鳴らしたものといえる。長期的には、中国が同地域での米国の存在を脅かす存在になるとの警戒感もにじむ。日米間で協議が続いている在日米軍再編問題や、日本の防衛のあり方にも影響を与えそうだ。
 報告書では「中国軍は国境や近海を越えた活動を増やしている」と記し、その一例として昨年十一月の「漢(ハン)級攻撃型原子力潜水艦」による日本の領海侵犯事件を挙げた。
 報告書も指摘するように、中国は五十五隻の攻撃型潜水艦を保有しているだけでなく、ロシアから新たにキロ級潜水艦八隻を導入するなど海洋戦力の増強に力を入れている。
 直ちに米軍にとって脅威にはならないものの、報告書が「中台の軍事バランスが中国側に傾きつつある」と分析するように、増強を続ける中国軍の動向は、もはや無視できない状態まできていることを示している。
 また、報告書では、中国がエネルギー需要の拡大に伴い、資源確保の相手先として、イラン、ベネズエラなどに接近していることを記した。なりふりかまわぬ中国の資源外交は、米国との摩擦を引き起こす可能性がある。
 おりしも、中国海洋石油(CNOOC)による米石油大手ユノカル買収提案など米国内で中国への警戒感が高まっているだけに、今回の報告書は例年にも増して注目された。
 中国が軍事的にも経済的にも“膨張”を続けているのは事実だ。今後、アジア大洋州地域の安定のために、日米両国は中国の動向を見極めつつ、同盟関係の一層の強化を求められそうだ。(ワシントン 有元隆志)

(産経新聞 今日の朝刊から Sankei Web
 ということなのだが、例によって中共政府は、
 「(米国は)台湾への武器売却の口実としようとしている」
 「事実無根。中国脅威論をまき散らし内政に粗暴に干渉しようとしている
 などと、自国を棚に上げて、内政干渉だと非難している訳だ。

 呆れるばかり・・・
スポンサーサイト
よろしければClickお願いします→   ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント

ご無沙汰しています。
最近Yahooの調子も良くなりました。
ご帰還、お待ちいたしております^^

第2のオレンジ計画

アメリカ合衆国は,結局なんでもお上手な国だ.
対中共(狂)政府の対策を着々と練っているでしょう.
・・
かつて,日本がロシアに勝ったあの時から..
仮想敵国日本を掲げたあの国ですから.
日本は,いつの日にかまた,あのような戦場
(前線基地)になる事を覚悟しなければ
いけないのだろうか?

戦争はもううんざりだが,この世から無くなる
こと無いのだろう.
中国に踏みつけられのはもっと嫌なので,
それまでに,やっておくこと,準備しておくことは
いっぱい有るなぁ.

多くの日本人がしっかりと準備しませんとね.

何よりも平和的に日中関係を解決するのが一番、、、、
一旦、米中戦争が起きたらニッポンはアメリカの同盟国として第一被害者になる。アメリカのために参戦する、必要ねえ・・!その上、アメリカはニッポンが危機の落ちたら助けてくれるのかな・・・?結局、ニッポンは同盟国から捨てられるかもね・・・
やっぱ、アメリカもニッポンの軍事力を抑えて自分のため利用しているんじゃねかよ・・・・
今後もニッポンは自分の軍事力を強化するのが優先に進むべきだ。外交で政治より軍事力が有効だ。
 

台湾は中国の一部であることは、国際社会のコンセンサスである。アメリカと日本もそれを認めている。認めているのに、中国軍隊が自国を統一する覚悟に反対の声を上げている。これは、ずるいというほかはない。差し手がましいだろう。他人のことを言う前に、まず自分の身を直せ。

平和と安全保障

日中外交や米中外交、台中関係が平和的解決を目指すなんて当たり前のことで、
それを前提に世の中動いてるという現実も直視しないといけませんね。
但し、平和的解決が破綻した場合を想定するのも当然ですよ。

どうも左に大きく傾斜している人は理解が足りないと思われます。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

中国の軍事力、長期的には脅威

中国の軍事力が地域の他の国にとって長期的には脅威となる可能性?まともな海軍力もなく、渡航能力、敵前上陸能力もない中共がアジアの他国の脅威となる事は考えにくい。

中国:台湾は人民へのカード

 アメリカ国防総省が発表した中国の軍事力に関する年次報告書は、中国脅威論を色濃く表明している。強調されているのは次の二点。 1.台湾に向けて配備された短距離弾道ミサイルの増強 2.エネルギー需要が増大する中国が資源獲得をめぐってアメリカの利益と衝突する懸念

倭国が北京を空襲した!

そんなときのための抗日演習が8月13日に行われますこりゃひでえな。友好条約を結んでる国のやり方じゃねえよ。

中国、米国防総省年次報告に逆ギレ

外圧を受ける格好で8月に5%切り上げるより、自ら言い出して7月に2%・・・・これが中国流の面子の保ち方なのかどうかは判りませんが、中央銀行の声明見ると、人民元の「完全フロート制への移行は今後もやりたくありません」というのが本音のようですね。さて、19日の国

2005/8/23(火): マニフェスト(続き)

自民党と民主党のマニフェストを比較してみました。予想外にマニフェストは重要ではないかと思いました。

敗北し続ける日本

12日のイギリスの経済紙Financial Timesに別刷り5ページの日本特集がはさまっていました。先の郵政総選挙から渋谷のコギャルまでまとめてニッポンなのですが、注目はやはり、”Relations with China and North Korea are Tense” (緊迫する日中・日朝関係)と題された記
 

Appeal


チベットの人達のために署名を!
China Free Campaign

ボイコット チャレンジ25キャンペーン

ランキングに参加しています
ブログランキング・にほんブログ村へ  
↑Clickお願いします↑
☆皆さんのご声援に感謝☆
 

Archives

 

ブログ内検索

 

リンク

 

あわせて読みたいブログパーツ

 

 

プロフィール

なんだよ日本

  • Author:なんだよ日本
  • 言いたい放題、言わせて頂きます。
    あなたのご意見お聞かせ下さい。
    コメント、トラックバックお待ちしています。
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。