どうする日本!

政治家じゃなくても、日本人だから日本の将来を考えます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
よろしければClickお願いします→   ブログランキング・にほんブログ村へ

靖国神社問題-4

▼日本の追悼方式を考える

 国立の新慰霊施設建設案が、国会内でも再浮上している。が、これには、どれだけの崇高さや理念があるのだろうか。はっきり言って疑わし過ぎるのだ。ただ単に、「中共などの隣国が何かと五月蝿いから」という観が強いし、事実、こういう状況でしか殆ど議論されない。

 歴史性、精神性、合理性の観点から、新施設の建設構想には反対と主張する。

 尤も、これから再び、国の犠牲を増やそうと考えていて、新たな殉職者も納めるのなら話は別だ。それを踏まえた新施設の建設なら税金の投入も有りだろう。
 ── 何か他人事のように言っているが、私は、新たな戦争の犠牲を望んではいない訳で、それだけ現実味を帯びた話にしたくないという事。そんなことを望む日本人は、殆ど居ないと信じたいし ──
 政教分離の原則からすれば至極当然だ。殉職者の信仰を考えれば明らかで、必ずしも靖国神社で祀られることを望まない方もいる訳だし、靖国合祀等の特定宗教を政府が強制するものであってはならない。
 国立の慰霊施設と言うのは、信仰の制約のない墓地なのだろうか。それとも、沖縄や長崎・広島の慰霊碑のようなものか。そこに埋葬されるのか名が刻まれるだけなのか。過去の戦没者の内、戦犯といわれる方と一般戦没者と選り分けるのか。
 だが、実はそんなことは、然程重要ではない。国立の施設が今から造られるとすれば、今後の殉職者の受け皿となり得るかどうかという事。ここが、国内から見ても国外から見ても、最も重要なポイントだ。
 もし、今後の受け皿としないのであれば、まったく無駄な税金投入だと言えよう。これは単に、金銭だけの問題ではなく、靖国神社に祀られる故人の生前の思いを無視し、まったく無駄にするものだ。そういう心無くして何が追悼施設だというのか。国家としての反省とはほど遠いものに映る。
 では国外からみればどうか?それは、再び日本が軍国化することを示唆(中共あたりなら顕在とでも言うだろうか)するものと、新たな疑念を生むだろう。
 ── 例えば、ニュージーランド首相の訪日発言にも垣間見られる通り、NZ人の多くは、未だに最後の大戦は100%日本に非があると思っている。これは、そこで生活したりしてみれば分かる。また、現在最も親密な関係の米国は、今でもリメンバーパールハーバーだ。
 戦争博物館などで当然自分たちを正当化しているし、学習レベルの低い層ほど、そういう善悪だけの意識が強い。未来志向で日本人に好意的であるのは間違いないが、殊、戦争についての認識は低いという事だ。──
 近隣国以外でも、日本の過去に由来する疑念ではなく、未来に対する疑念を生じさせる。中共あたりにとっては、靖国神社より遥かに「軍国化」を証明する事実にできる。より深刻な可能性を否定できない筈だ。
 
 結局、靖国神社といういうのは、宗教法人・施設だったとしても、神社そのものや政治利用した国家の、或は戦争、それらの歴史を踏まえれば、日本の重要な歴史建造物なのだ。そうした観点から、靖国神社での追悼は、日本の過去と常に対峙した姿勢を示す事に他ならず、最も合理的な方法だと思う。現在、或は未来の日本にとって、靖国神社を避けるような方向に変換する方が寧ろ危険なのだ。

 さて、根本的なところで、「何で靖国神社で追悼なのか?」などと今更な事を言って、否定するブログも見かけるので、その辺を改めて問うてみたい。

 ・沖縄(沖縄県) 沖縄全戦没者追悼式
 ・長崎(長崎市) 長崎原爆犠牲者慰霊平和祈念式典
 ・広島(広島市) 広島市原爆死没者慰霊式並びに平和祈念式
 ・東京(政府)  全国戦没者追悼式

 上記を見て、何か感じたり、思うことがあるだろうか・・・私は、東京だけが認知度が低いなと思っている。そうでは無いとしても、重みが他に比べれば低いと感じる。なぜ、そんな感覚になるのだろうか。それは、単に形式的なものでしか無いからだろう。
 他の3ヶ所は、そこで行うに充分過ぎる理由がある。それは、犠牲を生んだ現場であり、その地に生きた方々の心が感じられるからではないだろうか。追悼を行う現在の人々が、そこに生きた方々へ想いを馳せるには、最適な方法だと言える。それら追悼というセレモニーは、立派に宗教的価値観に基づくものなのだ。
 では、靖国神社はどうだろうか。あちこちの戦場で散って逝かれた英霊は、まさに魂が靖国神社へ帰る。それが、良い悪いという問題ではない。戦争があった時代、政治的にしろ宗教的にしろ、そういう事になっていた。そう信じていた方も少なくないだろう。
 だとすれば、国や故郷、あるいは家族のためにと戦い亡くなられた方々の思いは、靖国神社に在るのではないだろうか。また、沖縄や、長崎、広島と何を区別する必要があるだろうか。

 他人の非を論って責めたてるのは容易な事だ。だが、大事なのは、故人が「生前に行った行為の一つ一つ」ではなく、故人が「最も大切にした想い」だ。
 ── 罪があったとすれば、その罪を犯した者が、生きている間に負うものだ。死後がどうなるかは、人が決定するものではないし、知る由もない。故に人は、肉体から解き放たれた精神こそを大切に思う。──
 それが、宗教的価値観から生まれ、日本の風俗・習慣として伝承されてきた精神文化だ。つまり、「日本人の心」というものに他ならない。


─ シリーズ ─
靖国神社問題-1
靖国神社問題-2
靖国神社問題-3
・靖国神社問題-4
スポンサーサイト
よろしければClickお願いします→   ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

未来に続く靖国問題

「靖国参拝の不思議(上)」では、靖国参拝がそもそもは政教分離を巡る国内問題であったことを論じた。「同(下)」ではなぜ国際問題となったか、そして国際問題であり続けるかという点を論じる予定だが、その前に、なぜ、僕が靖国問題にこだわるのかについて書いておきたい

小泉首相が慰霊施設を検討?

「小泉首相が慰霊施設を検討?」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみまし...

判ってくれている所は少なくない。

民主党的にはこの地は「近隣諸国」でも「アジア」では無いのでしょうかね。パラオ大統領、小泉首相の靖国参拝「支持」中部太平洋の島国パラオのタミー・レメンゲサウ大統領が6日、来日した。大統領はこれを前にパラオの首都コロールで本紙と会見し、小泉首相の靖国神社参拝
 

Appeal


チベットの人達のために署名を!
China Free Campaign

ボイコット チャレンジ25キャンペーン

ランキングに参加しています
ブログランキング・にほんブログ村へ  
↑Clickお願いします↑
☆皆さんのご声援に感謝☆
 

Archives

 

ブログ内検索

 

リンク

 

あわせて読みたいブログパーツ

 

 

プロフィール

なんだよ日本

  • Author:なんだよ日本
  • 言いたい放題、言わせて頂きます。
    あなたのご意見お聞かせ下さい。
    コメント、トラックバックお待ちしています。
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。