どうする日本!

政治家じゃなくても、日本人だから日本の将来を考えます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
よろしければClickお願いします→   ブログランキング・にほんブログ村へ
 

中国が島しょ保護法を可決

 日本で看過できない事態が起きている。

中国、島しょ保護法を可決 海洋権益、一段と強化へ

 中国の全国人民代表大会(全人代=国会)常務委員会は26日、生態環境と海洋権益の保護強化のため、離島の管理方法などを定めた島しょ保護法案を可決した。来年3月1日から施行する。

 中国は東シナ海や南シナ海で、尖閣諸島(中国名・釣魚島)などの領有権をめぐり日本や東南アジア各国と対立しており、権益保護を一段と強化することで摩擦がさらに強まる可能性もある。

 島しょ保護法は住民のいる島と無人島の両方を対象とし、無人島の所有権は中国政府が行使すると規定。環境保全や資源保護のため乱開発を禁止するとともに、開発する際の手続きなどを定めた。

 特に領海の基点となる島や国防施設のある島は、開発許可を厳しく制限。違法な開発に対しては最高50万元(約670万円)の罰金を科すほか、場合によって刑事責任も問うとしている。

MSN産経ニュース 2009.12.26 23:47 (共同通信記事)

 何を言わんとしているかお分かりですよね。
 そうです。尖閣諸島問題です。これは、大変注視しなければならない。

 こと民主政権下の今は、中共政府のみならず、自国政権の対応にも目を光らせなければならない事態。

 さて、今月初めに、ナチス民主のあの大訪中団は一体、何をしに行っていたのか?
 2ショット記念撮影会のために、中共にどれだけのリスクと付け入る隙を与えて来たことか…挙句には、国民統合の象徴である天皇陛下をも私利私欲で利用する始末。
 いよいよ、領土を売り渡すことが表面化するかもしれない。

 ナチス民主に騙され続ける哀れな日本国民よ、いい加減に目覚めよ

スポンサーサイト

テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

よろしければClickお願いします→   ブログランキング・にほんブログ村へ
 

暫定税率維持云々

 態々、紙面記事を引用するまでも無い。
 税金を誤魔化すような者が、税収だの税率だのを語ったところで、まるで説得力が無いのである。

 さっさと解散総選挙せんかい! この脱税総理!!!

 という話で終わる問題だな。

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

よろしければClickお願いします→   ブログランキング・にほんブログ村へ
 

日本人の生命を守れ!

朝鮮学校で「スパイの子」 “抗議行動”を告訴へ

 京都朝鮮第一初級学校(京都市南区)で今月4日、「在日特権を許さない市民の会」(在特会)の旗を持った男性約10人が抗議行動と称して校門に押しかけ、拡声器を使って「スパイの子ども」などと騒いでいたことが18日、分かった。

 校内には近隣の朝鮮学校も含めた児童約170人がいた。学校側は、偏見や差別感情が理由の「憎悪犯罪(ヘイトクライム)」だと反発。週明けにも威力業務妨害などの容疑で京都府警に告訴する。

 集まったのは在特会関西支部メンバーら。校門前にある京都市管理の公園に学校がサッカーゴールや朝礼台などを置いていたため、在特会の桜井誠会長は「不法占拠したことへの抗議」と説明している。

 学校が撮影した映像では、数人が朝礼台を正門まで運び「門を開けろ」と要求。学校関係者が「ここは学校です」と制止すると「こんなものは学校ではない」「朝鮮学校を日本からたたき出せ」などと拡声器で叫んだ。

2009/12/18 22:23 【共同通信】

 既に、YouTubeやニコニコ動画をご覧になり、ご存知の方も多い事と思います。
 YouTubeやニコニコ動画では、ほぼ無編集の在特会(在日特権を許さない市民の会)と、総連側の都合の悪い部分を編集カットした動画の両方が閲覧可能だ。

 聡明な方は、この話を始めた時点で、何かおかしいと感づかれたでしょう。

 はい。
 大マスコミは、スパイ組織、犯罪組織である朝鮮総連の言い分をほぼ受け入れた記事になっています。テロ集団の片棒を担いでいるんですよ。
 私は、以前も書いた通り、街宣右翼的行動には、どちらかというと批判的立場をとっています。
 しかし、今回の件を通じ、在特会の行動を支持しようと決めました。
 朝鮮総連が日本人拉致の実行犯や協力した組織であるのは事実ではないか。どんな経緯が共同通信にあるにせよ、単なる被害者として扱う神経がしれない。

 

 この記事では、まったく触れていない事実が2つ隠されているのです。

1. 在特会の抗議行動の理由と実態
 朝鮮総連傘下の朝鮮学校は長年に渡り、該当する学校と道路を隔てた京都市が管理する公園に、無許可で朝鮮学校の私物を設置・放置し、市民・地域住民が自由に使用できる筈の公園を不法に占拠していた。
 在特会は、これに抗議するとともに、無償奉仕活動として、これらの撤去と総連傘下団体に投棄物の引き取りを要求した。

2. 1に対する朝鮮総連傘下の反応
 投棄物の引き取り要求に対し、総連側は暴力に訴える者もおり、ヤクザらしき人物も一時、在特会側に迫っている。
 また、共同通信記事の配信日以前に、記事中の抗議行動に対し、総連サイド及びこれに加担する左翼は、自らに不利な内容を公表せずに在特会誹謗を展開し、総連関係者から在特会メンバーの殺害予告が出されている。
 当然、在特会は、この殺人予告に対し、刑事告発しているとのことだ。

 

 在特会側の抗議がエスカレートする場面も見られるが、朝鮮人相手に一歩でも引いたら抗議行動は完全につぶされていただろうと推察できる。
 いずれにせよ、朝鮮人の暴行に屈せず在特会は大義を貫いた訳であり、私は在特会支持に至った次第です。

 朝鮮人は、自らの犯罪行為を隠蔽するための誹謗と印象操作を工作しようとしたのは明らかであり、それに加担した左翼及び掲載した共同記事は共犯と言って過言ではないだろう。
 在特会を一方的に批判することは、日本人として決して看過できることではないし、総連の犯罪に加担した共同通信に対し強く抗議する。

“日本人の生命を守れ!”の続きを読む »

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

よろしければClickお願いします→   ブログランキング・にほんブログ村へ
 

COP15の成果

 COP15について、各紙面様々な論評を掲げだしている。
 私は、ハッキリと失敗だと言いたい。
 それは、放蕩脱税総理の国際舞台でのエゴ、見栄によるものと確信するからだ。

 無謀な、ほとんど実現不可能な理想だけの数値目標を掲げ、国民に税負担を強い、家庭に経費負担を強いる。
 その上さらに、クリーン環境構築に不可欠な「科学技術の発展」「人材の育成」をも阻む政策を推し進めようとしている。

 日本国の国政と同じように、国際社会に対しても混乱だけを引き起こし、先々を見いだせない状況だけを作り出している。

 リーダーシップ以前の問題だ。

 工業の発展を阻害し、技術の発展を阻害し、途上国に発展するなと言い、途上国にまで日本国民の税金でバラマキをやりますよと宣言する。

 本当に無能である。

 

 つい最近だが、ナチス民主党員がTVで述べていたこと。
 夏の総選挙で自民が「25%削減目標で各家庭36万円程度の負担増」と言っていたが、それは嘘だ。自民は嘘つきではないか。
 民主で試算し直したところ僅か21万円だ。10万円以上も違うじゃないか。

 はぁ?

 誤魔化すなよと。
 負担増はその差額以上だろ!

 こんなデタラメ並べ立てたらまとまる話が、まとまらないのも当然だw

 無能な奴が会議出席しても意味が無いのだから、民主政権の渡航費も無駄なので削減すべきだな。

テーマ : 民主党・鳩山政権 - ジャンル : 政治・経済

よろしければClickお願いします→   ブログランキング・にほんブログ村へ
 

もう遅い…普天間「首相は日米合意通りに」

普天間「首相は日米合意通りに」…民主・渡部氏

 民主党の渡部恒三・元衆院副議長は20日のテレビ朝日の番組で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題について、「政権交代をしても安全保障や外交の問題など変わってはならないことがある。日本は(米国との)約束をきちっと守ると鳩山首相にいずれかの時期に決断してもらう」と述べた。

2009年12月20日21時28分  読売新聞

 渡部御大がこんなことを言っても今更なのに…

 聞こえは良いが、現実は、沖縄のことなんて何も考えてない。ペテン師ども(垂直に近い左傾斜)の眉唾に、何時まで振り回されれば気が済むのか?
 本当に、この国の国民の頭の悪さは理解に苦しむ。
 普天間周辺の問題を真剣に考えているなら、当の昔に日米合意を履行してる。だが、しない。それは、実際には地元住民のことなど何も考えていないということ。
 ナチス民主の方便に利用されているだけだと、なぜ気付かないのか?

 米国の意識、方針は「現行のまま」でほぼ固まりました。
 次の移転計画は10年後だとさwww

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

よろしければClickお願いします→   ブログランキング・にほんブログ村へ
 

民主・細野が羽毛田氏の懸念表明を批判

 民主のアホタレどもは、まだ言うか。

 民主党の細野豪志副幹事長は20日のテレビ朝日番組で、天皇陛下と中国の習近平国家副主席の「特例会見」に記者会見で懸念表明した羽毛田信吾宮内庁長官に対し「中でいろいろ言うのはいいが、外向きに出すのはどうなのか」と批判した。

 同時に「新政権が(皇室外交という)デリケートな問題に不慣れで、内閣と宮内庁の意思が通い合わなかった」と述べ、鳩山政権の対応にも問題があったと指摘した。

MSN産経ニュース 2009.12.20 12:35

 こんな認識しか出来ない愚鈍政党はさっさと解党せよ。
 政権を即刻放棄せよ!

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

よろしければClickお願いします→   ブログランキング・にほんブログ村へ
 

チベット展に抗議相次ぐ

チベット展に抗議相次ぐ 「動乱や亡命に触れず」

 「上野の森美術館」(東京)で開催中の「聖地チベット ポタラ宮と天空の至宝」展(中華文物交流協会、朝日新聞社など主催)が、展示説明や図録でチベット動乱やダライ・ラマ14世のインド亡命など歴史的事実に触れていないとして、チベットの人権状況改善を訴える支援団体や有識者などから抗議を受けていることが19日、分かった。

 同展は、世界遺産のポタラ宮やチベット博物館(いずれも中国チベット自治区)などが所蔵する仏像や仏具など約120点を展示し、日本の国宝に当たる「国家一級文物」も含まれる。しかし、チベットの近現代史や現状の説明は、会場や図録にはない。

 これに対し支援団体などは9月の開会以来、毎週末に美術館付近でデモを行ったり、チベット史やチベット問題を解説する講演を開催するなど抗議活動を展開。国際的な支援団体も美術館や主催者側に公開要請状などを送った。美術館には中立的な展示を求める文書などが、これまでに約300通届いたという。

2009/12/19 06:27 【共同通信】

 主催を見ると納得かも知れません。しかし、こうしたプロパガンダ的な催しに対し、いずれにしても、抗議をしメディアで取り上げてもらえるよう働きかける以外にない。

 中共に媚びる日本の姿勢は、本当に勘違いだ。

 あの、平和主義者の伊藤博文公でさえ、毅然と日清戦争を戦ったというのに…今の日本、日本人は面倒から逃げ回るばかりだ。
 実に嘆かわしいことだ。

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

よろしければClickお願いします→   ブログランキング・にほんブログ村へ
 

ボイコット チャレンジ25キャンペーン

 チーム・マイナス6%をご存知だろうか?
 当ブログをお読みの方の中にも、参加をされていた、メール購読をされていた方も多いでしょう。
 そうです。環境省が行っていた地球温暖化への取り組みです。
 私のところでも、参加、購読しておりました。

 この「チーム・マイナス6%」は、「チャレンジ25キャンペーン」というのに衣替えするそうな。

 まったく計画に実現性のない目標を打ち出し、閣議決定、国会決議もないまま、国際会議の場に提示されています。しかも、そのために、約1兆円1兆7500億円を後進国・途上国に拠出することまで表明されているのです。
 その他、国政に於いても、公約違反・公約無視、天皇陛下を政治利用する等、信用出来ない現政権。

 こんなデタラメな政権の、そんな政策に賛同など出来る筈がありません。

 

 よって、私は、この

 「チャレンジ25キャンペーン」をボイコット
 します。

 聡明なる多くの方が、このチャレンジ25キャンペーンから撤退されるとを切に願います。
 「チーム・マイナス6%」と「チャレンジ25キャンペーン」
 ・両方のロゴ及びバナーの使用を止め、Webその他から消し去りましょう!
 ・チーム・パスをデスクトップから削除しましょう!
 

チーム・マイナス6%は会員サービスではございませんので、入会・退会といった手続きはございません。メールマガジン配信停止をご希望される場合は、メールマガジン配信停止画面からお手続きください。

チーム・マイナス6% Q&Aより

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

タグ : チャレンジ25キャンペーン チーム・マイナス6% ボイコット

よろしければClickお願いします→   ブログランキング・にほんブログ村へ
 

左翼 十八番の「人格攻撃」開始

 特例謁見事件ですが、とうとう始まったようです。

 羽毛田長官の人格攻撃が、ブログ等で散見されます。
 これから、人格攻撃は波及していくと思われる訳で、
 何か妙案はないものでしょうかねえ?

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

よろしければClickお願いします→   ブログランキング・にほんブログ村へ
 

12月16日付・読売社説

小沢氏記者会見 不穏当きわまる辞表提出発言

 小沢民主党幹事長が、天皇陛下と習近平・中国国家副主席との会見問題で、羽毛田信吾宮内庁長官を厳しく批判した。

 天皇と外国要人との会見は、天皇陛下の健康上の理由から、過密日程を避けるため、1か月前までに宮内庁に申し入れるという慣行がある。

 鳩山首相が今回、その特例として会見を実現したことは、何の問題もないと、小沢氏は記者会見で訴えようとしたのだろう。

 小沢氏は、1か月ルールについて「宮内庁の役人が作ったから金科玉条で絶対だなんてばかな話があるか」と断じた。今回の経緯を公表した羽毛田氏について「どうしても反対なら辞表を提出した後に言うべきだ」と強調した。

 職責を果たそうとする官僚を頭ごなしに非難すれば、官僚の使命感や意欲はそがれてしまう。極めて不穏当な発言だ。羽毛田氏が「辞めるつもりはない」と辞任を否定したのは当然のことだ。

 問題は、それだけではない。

 小沢氏は「天皇陛下の国事行為は内閣の助言と承認で行われる」と憲法を持ち出し、天皇の政治利用にはあたらないと反論した。

 外国要人との会見は、国会の召集など憲法に定められた国事行為そのものではなく、これに準じた「公的行為」とされる。

 無論、公的行為も内閣が責任を負うわけだが、問題の本質は、国民統合の象徴である天皇の行為に政治的中立を疑わせることがあってはならないということだ。

 小沢氏は、「天皇陛下ご自身に聞いてみたら『会いましょう』と必ずおっしゃると思う」とも語った。天皇の判断に言及することも不見識と言わざるを得ない。

 小沢氏は、政府に会見の実現を求めた事実はないと否定したが、崔天凱・駐日中国大使から要請を受けながら、全く働きかけをしなかったのだろうか。

 首相の対応にも疑問がある。

 首相は、特例的に会見を実現するよう指示したのは「大事な方」だからとした。今後の日中関係や習副主席が「次代のリーダー」とされていることを踏まえれば、そうした判断もありえよう。

 しかし、会見のルールが、これを機に破られることになれば、「政治的重要性」で要人の扱いに差をつけることになり、天皇の政治利用につながる、という宮内庁側の憂慮もうなずける。

 首相や平野官房長官は「政治と天皇」のあり方について基本的な理解を欠いていたのではないか。政治主導をはき違えては困る。

2009年12月16日01時13分  読売新聞

“12月16日付・読売社説”の続きを読む »

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

よろしければClickお願いします→   ブログランキング・にほんブログ村へ
 

Appeal


チベットの人達のために署名を!
China Free Campaign

ボイコット チャレンジ25キャンペーン

ランキングに参加しています
ブログランキング・にほんブログ村へ  
↑Clickお願いします↑
☆皆さんのご声援に感謝☆
 

Archives

 

ブログ内検索

 

リンク

 

あわせて読みたいブログパーツ

 

 

プロフィール

なんだよ日本

  • Author:なんだよ日本
  • 言いたい放題、言わせて頂きます。
    あなたのご意見お聞かせ下さい。
    コメント、トラックバックお待ちしています。
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。